さて、問題です。

今回の仕入れで2日間だけ
立ち寄った国”ベルギー”で、相方君が見つけてきたお皿が、
あの雑誌の表紙に写っていたお皿にとってもイメージが似ていたので
ちょっと真似て遊んでみました。
どの雑誌かわかりますか?
c0098813_17215314.jpg

c0098813_17195163.jpg
お皿はおそらくリエージュ窯。
細かく入った貫入の美しいさ、古いものだからこその魅力がこのお皿にあります。

SOLD





c0098813_17333343.jpg

答えは、
天然生活 2007年6月号でした。

以外と近いと思うのですが、どうでしょう。

表紙の白いお菓子は、クレームダンジュですが、
私のはズルして、水切りしたヨーグルトです。
写真ではそこまで解らないかな〜って、ズルしました。

c0098813_17561569.jpg最近は本を選ぶとき、時間が経っても何度読み返しても新鮮と感じるものを購入しようと心がけています。この天然生活も何度読み返してもその新鮮さはかわりません。そんなものを作るって大変ですよね。
昔はOliveと言う雑誌が大好きで中学・高校の間買い続け、今でもある程度のものは捨てられず持っています。あの雑誌の可愛さは永遠だと思うので手放せません。
お店でもそんなものを販売していけたらと思う...今日この頃。
by toneriko-mito | 2009-03-03 18:19 | 北欧の食器