バッタvsカマキリ

c0098813_165588.jpg暑い夏が戻ってきました。
トネリコ花壇の植物も心なしぐったり。虫も多く、シマトネリコの葉っぱやきれいに咲いたお花が次々と食べられています。
特にバッタが幅を利かせていてどうにかしたいと思い、近所のカマキリを捕まえて早速放してみました。
しばらく観察していますとカマキリの近くにバッタがジャンプ!カマキリは気がついたようですが、まだ射程距離に入っていないようで、横目で見ながらゆっくりゆっくり近づきます、いきなりの緊迫した状況にこちらも手に汗握ります。カマキリはまだゆっくり近づいてます、もういいだろ、もういいだろとこちらは思ってみてもカマキリはまだゆっくり近づきます、もう触れそうなぐらいの距離です、息を止めた瞬間!カマキリはバッタの足元の葉っぱを、大事そうに抱え込んでいました...この間約10分、脱力しました。カマキリもショックを隠せずまだ葉っぱヲ放せません。カマキリは、どんくさい、しばらくバッタの天下はつづきそうです。
by toneriko-mito | 2011-08-10 16:06 | あれこれ