Arne Jacobsen / Cylinda Line

c0098813_1759114.jpg
1967年から40年、現在もロングセラーを続けているステルトン社のシリンダラインをご紹介。
円と直線の組み合わせが美しいCylinda Line (シリンダライン)は、デンマーク出身の建築家・デザイナーArne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)のデザイン。
ヤコブセンの経歴を辿ると、船酔いが克服できず船乗りを断念したという可愛らしい過去をお持ちでした。輝かしい経歴の中でただ一つ身近に感じたお話です。
脱線しましたがシリンダラインは、義理の息子にデザインを頼まれ食事の場で紙ナプキンにスケッチしたものを製品化したという逸話があります。
現行も大変高価なお品ですが、ヴィンテージ品ですのでちょっぴりお買い得になっております。コンディションはどのお品も良好です。
一生ものの相棒をお探しの方、ぜひこちらをどうぞ。
by toneriko-mito | 2011-09-11 12:15 | 北欧の食器