ほうろう豆知識

c0098813_13552938.jpgc0098813_13532724.jpgc0098813_1354108.jpg
 今回はほうろうのかわいいだけではない長所・使い方などを長々と語ってみたいと思います。
 ほうろうは平たく言えば、鉄にガラスを高温で焼き付けたのも。鉄はかたくて丈夫ですが錆びがでます。いっぽうガラスは美しくさまざまな長所がありますが、壊れやすいのは周知のとおり。そこで、鉄にガラス質の釉を施すことで短所を補い合い長所を生かした、いいとこどりの素材なのです。
長所 * 鉄のもつ丈夫さ+保温性が高い
     ガラスのもつ非吸着性(においがつかない)
     耐摩耗性(すり減らない)
     耐食性(腐食に強い) 
     耐酸性(果物や酢などの酸もへっちゃらです)
     直火やオーブン調理もできる耐熱性
     個人的最大のおすすめポイント!鮮やかな発色や光沢が魅力
上手に使うには * 傷がつくので研磨剤で強くこすらない
          空焚きをしない
          ケトルなどは水中のカルシウムなどが粉状に付着するので、
          日に1度は中を洗う。
 表面がガラスですから衝撃に弱く、落としたりすると欠けてそこから錆びてきます。残念ながら修復はできませんが、欠けた部分をひんぱんに磨いたり、透明マニキュアを塗ることで錆を広がりにくくすることができます。
 よいほうろうの選び方は、同じサイズなら重いほうを選ぶ。重いものほどしっかりしています。
そして、自分の好みのデザインや色などお気に入りを見つける!それが長く大事に使う秘訣だと思います。
 以上、ほうろう豆知識でした。
by toneriko-mito | 2006-12-13 16:45 | 北欧の食器