今日は七夕。

こんにちは。今日は、2007.7.7で7が3つ並んだ七夕なんですね。
この事に気付いただけで得した気分。あいにくの曇り空ですが、スリーセブンのパワーでちょっとでも天の川が見れるといいですね。どんなパワー???
以前読んだ本に、七夕には短冊に歌や文字をしたためて書道の上達を願った説もあり、ご無沙汰している人へお手紙を書くと良いと書いてあったのを思い出しました。久しぶりに今日は手紙でも書いてみようかしら。

前置きとは繋がりませんが、今までダンスクの商品を紹介していなかったので、今回はDANSKの琺瑯製品を紹介します!

c0098813_13224579.jpg DANSKは、1954年にアメリカのデット・レーニンバーグとデザイナーも務めたイェンス・クイストガードによって設立されました。DANSKとは、「デンマーク風」と言う意味。
現在も本社がアメリカ・ニュージャージー州にあり『スカンジナビアンモダンアート』をコンセプトに製品の企画を行い、北欧を中心とした各国のデザイナーに外部発注し、世界各地で製造を行っています。
tonerikoでは、1950年〜1970年代にイェンス・クイストガードによってデザインされた、現在では生産されていないヴィンテージ品を取り扱っています。
c0098813_13234183.jpg
彼、Jens.H.Quistgaard(イェンス・クイストガード・1919-)のデザインは、しなやかなフォルムとエレガントさが特徴とされ、材料の取り扱い・材料本来の性質を引き出すのに優れています。その中でも、美しい魅力を放っている『コベンスタイル』が彼のデザインしたホウロウ製品です。

上の写真は、今回入荷した新商品。
ターコイズのコーヒーポット・レッドのソースパン、ブラウンのローストパン(デットストック品!)。小さいサイズなので使い勝手が良さそうです。

下の写真は、パスタ用にもできる深型ポットと2・3人用のお鍋。ヴィンテージ品は色が豊富なのも魅力ですね。
by toneriko-mito | 2007-07-07 14:07 | 北欧の食器