カテゴリ:ごはんを美味しく・・・( 46 )

マルシェドノエルも無事終わりようやく体の疲れもとれてきました。
出店と片付けの際はいろいろな方にお手伝いいただきほんとうにありがたかったです。
ご来店いただきました皆さまもほんとうにありがとうございました。
c0098813_12212772.jpg
今回はおいしいお話
イエメさんに教えていただいたマルテッリのパスタ、もちっとした食感としっかりと小麦の味のする美味しさの虜となり「また食べたいねー」などと話していた展示会の帰り道、見覚えのあるカラーリングを施した一台のワゴンを発見!?黄色いボディーにMartelliの文字!駐車しているオフィスを覗くと黄色の箱が山積みに!この偶然を生かすべく意を決して扉をたたくことに..
突然の訪問にも親切に対応くださったのがこちらの稲垣商店の社長さん、20年もまえから良質なものだけを日本に紹介してきたイタリア食材のパイオニアの様な方でした。
食のプロではない私たちの的を得ないであろう質問に丁寧に答えながらパコッとトマトソースの瓶を開け、皿に取りオリーブオイルをサッと回しかけて試食を勧めてくれました。
驚いたのは広がる香りの心地よさと健康なトマトの甘く瑞々しいおいしさ。久しぶりに食での感動を味わいました。
アンチョビペースト、ワインビネガー、蜂蜜マーマレード美味しいものにはそれぞれ理由があり一つ一つ丁寧に教えていただきトネリコにも分けていただく運びとなりました。

ポップを作る為マルテッリをネット検索していると稲垣商店さんが月刊誌「料理王国」に特集されていることを発見!
料理王国1月号より掲載コメントを少しご紹介
「売れなければ一生かけて自分たちで食べてしまえばいいと思って始めた仕事でした」
「眠っているものは起こさず、さしつかえのない量だけそっと分けてもらえばありがたいという気持ちです。特別のものではなく、いつも通りだけれども食べるとやっぱりおいしい食品なのです」
c0098813_12372180.jpg
偕楽園の梅も五分咲きになり春の暖かさを少しづつ実感できるようになってきました。もうちょっと暖かくなったら美味しいパンと温かい飲み物を用意してのんびりピクニック!楽しみですね。
トネリコにもピクニックに連れて行きたくなる便利で可愛いアイテムが沢山ございます。使いみちを色々想像しながら店内ご覧になっていただければ幸いです。
almedahls社のキッチンクロス入荷しました。
お皿の下に敷いたキッチンクロスは新柄のPOMONA。
ぬりえをしたような絵付けがパッとしない気持ちの時でもウキウキにさせてくれそうです。
c0098813_19341579.jpg
相方君が作ってくれたローストビーフの残りでお昼はサンドイッチにしました。大好きなたまごサンドも外せません。
週末からのGWお天気になるといいですね~。
トネリコはGW期間中、5月2日(木)のみお休みさせていただきます。
c0098813_1710132.jpg
お野菜を沢山美味しく戴く為のちょっとひと手間、ピクルスをたまに作ります。忙しい朝でもトーストとバターだけ用意してピクルスを添えれば立派な朝ごはんの完成。脂の強いお料理の付け合わせにも欠かせません。
どうせなら可愛くしようとアンティークのキャニスターを使ってますが、古い瓶を熱湯消毒をすると割れてしまうことが多いので代わりにアルコール度数の高いお酒や、ベビー用消毒液を使っての殺菌ですませます。
美味しいお野菜が旬を迎える季節、色とりどりの瓶がどんどん増えそうです。

USAアンティークキャニスター¥1,800
c0098813_14575537.jpg
立て続けに頂いたほうれん草!大量消費のため久しぶりにキッシュを作ってみました。なかなかおいしくできて満足。
お皿はGustavsbergの「 Emma 」シリーズ、1970年代のお皿です。
こげ茶色で描かれた絵柄は、りんごの花。丸い模様は蕾でしょうか。
大胆な模様の配置とシックな色合いでお料理を引き立たせてくれます。
今日のキッシュもいつもより見栄えが良くみえるような気がします。おいしく感じたのはお皿効果かな。
ご好評いただいてます、ノルウェー「Bjorklund(ビョークランド)」のケーキサーバーも残りわずかとなってきました。
ケーキにはもちろん、片面がギザギザナイフになっているのでピザなどにもお使いいただけます。

Gustavsberg / Emma
1971年~77年
Stig Lindberg(フォルムデザイン)
Paul Hoff(絵付け)
21.5cm \4,600

Bjorklund ケーキサーバー \2,100

c0098813_15522450.jpg
ARABIA の小さな耐熱皿を使ってみたくてクリームブリュレを作りました。アメリのように自分の殻を割るつもりでスプーンを刺すと「フニャリ」となりました。カラメルを焦がすのに失敗したみたいです。私の殻は有って無いような物でした。失敗、失敗、
c0098813_1733575.jpg
10月某日「新米をおいしく食べる会」を開催しました。
お料理上手のお友達が作ってくれた新米に合うおかずの数々と共に、秋の醍醐味新米をたらふく楽しみました〜幸福時間。
主役の新米はお友達の実家米と京都の高級米の2種類を炊きたてで。
只今子育て奮闘中の私の普段のお昼は、赤ちゃんが寝た隙やご機嫌な時にささっとすませたり、何度も中断される事がほとんどで、ゆっくりお昼ご飯を楽しむ時間なんて皆無。久しぶりでつい食べ過ぎてしまいました。
c0098813_14514084.jpg
新米はCOPCOの琺瑯鍋で炊きました。
COPCOのお鍋は我が家でもずっとご飯を炊くのに愛用しています。お米がふっくらおいしく炊きあがるので私はもう手放せないお鍋となっています。
先日の入荷で久しぶりにSサイズ(D1)とMサイズ(D2)が入荷してきました。実は玄人好みの名品です。
これから寒くなると煮込み料理などにも重宝しますね。

More
c0098813_155253.jpg
水戸の和菓子屋さんで「栗かの子」の発売日を聞きつけ早速お使いに。
この時期限定の栗のお菓子、ベルトの穴を気にしつつ見つけるとついつい手が延びます。今年の栗の初物食いとなりました。
折角なので先日頂いたとっておきの蓮の花のお茶を淹れて。
熱い湯を注ぎだんだんにゆっくり花が広がってゆく様を眺めながら至福の時間が流れます。
c0098813_1356960.jpg夏の定番おやつといえば...
スイカにかき氷、冷やしトマト、いろいろあります。
なかでも私が好きなのは茹でたトウモロコシ!
私にはおやつです。
滅多に買えませんが、朝採れトウモロコシはびっくりする程甘くて大好きです。
c0098813_13562667.jpg茹で過ぎないのがコツと聞いてから私は、お湯が沸いたら3分、茹であがりを濃い塩水にドボンと10秒浸して粗熱をとったら出来上がり。
一番は直でかぶりつくのが好きだけど、簡単ですし2・3日持つので多めに茹で、残りはスープやサラダにするのもよしです。

c0098813_13564980.jpg長い野菜やかたまりのお肉などを茹でるのに意外と便利なDanskローフパン 本来パンやケーキ、ミートローフなどを焼くオーブンウェアーですが直火にもかけられるので工夫次第でいろいろお役に立ちます。
DANSK ローフパン 
ブラウン SOLD
ネイビー¥15,000

c0098813_12481914.jpgお店でご紹介しているアノニマスタジオさんのお料理本。
毎日するお料理は何も考えずにとりあえず作れるものをと思っていると、同じようなメニューがサイクルでまわっているだけだったりしてしまう我が家。すると作る方も食べる方もご飯の時間の楽しみが半減しているように感じてきます。
献立に困ったときやご飯を作る意欲が欠けた時、アノニマさんのお料理の本が我が家では重宝しています。
美味しそうな写真を眺めて、感嘆のため息をつきながら、どのお皿に合わせようか?などとあれこれ考える時間も楽しいひと時。
c0098813_12524245.jpg先日は、マンネリ化した我が家の献立事情をちょっぴり改善すべく、本で美味しそうだった「するめイカのレモンじめ」を作ってみました。
本から作るものを選ぶ時の基準は、簡単であること、材料が身近にある食材であることは欠かせません。
「イカのレモンじめ」は 作るのが簡単で、イカの甘みが楽しめるお料理、お刺身よりもさっぱりといただけて定期的に食べたいメニューになりました。
しかし写真撮影と盛り付けの腕のなさを実感するなぁ。