<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0098813_16491875.jpg

by toneriko-mito | 2006-12-27 16:49 | お知らせ
c0098813_14584794.jpg
 今年のX'masケーキはいつも手作りのお菓子を差し入れてくださるhjemme(イエメ)さんから、マフィンのケーキをプレゼントしていただきました。イエメさんのお菓子は、素朴で暖かい味のするお菓子でいつも幸せな気分にさせてくれます。今回のケーキにはもみの木までたっていてとってもかわいいでしょ。
 イエメさんはお仕事がお休みの時に、自宅でお茶とお菓子を楽しむ教室をしていらっしゃるので、興味のある方はリンクしてあるブログをご覧になってください。

c0098813_1459696.jpg 今回の我が家のお皿は、かなり古い九谷焼の洋食器です。購入する時はちょっと値がはったのと、今まで手にしたことがないタイプだったので悩んで購入したお皿でしたが、手描きの金彩がどんな料理でも豪華に見せてくれるので、特別な日の食事にはかなり高い確率で登場しています。古いお皿なので使用後も柔らかいスポンジで洗ったり、傷がつかない様に布をはさんで収納したり扱いも特別ですが、ごはんをおいしく食べる為ならへっちゃらです。
c0098813_1320555.jpgこんにちは。2006年のクリスマスいかがお過ごしですか?
明日から来年のクリスマスがやって来るまでお蔵入りになってしまうtonerikoのサンタを登場させてみました。彼は日本生まれでアメリカ育ちのDREAM PETS。歳はサンタとしてはまだまだ未熟なおよそ40歳。立派なサンタになる為に、今年はtonerikoに来店してくださったお客様を笑顔でお出迎え。
 DREAM PETSは、別珍やレザーの中におがくずがパンパンにつまったMADE IN JAPANの人形です。その種類は未知数でいったいどれ位の種類があるのか分かりません。穴があったり、汚れがあったりする人形ですが、愛嬌は今の人形にだって負けてませんよ。
by toneriko-mito | 2006-12-25 15:13 | あれこれ
c0098813_14405342.jpgこんにちは。風邪が流行しているようですが、みなさんはいかがお過ごしですか? 
 今月発売された『雑貨カタログ』・My ShopのコーナーにTonerikoを掲載していただきました。P.94の右下に載っていますのでよかったら見てください。前のページには雑貨スタイリストの曲田有子さんの記事が掲載してあり、好きなスタイリストの方なので同じ紙上にいれるのがうれしかったりしています。(裏と表ですが・・・)
今回の表題は『ずっと大切にしたいもの』。めぐろみよさんのフェルト製マッチケースにメロメロです。 私の大切にしたいのもは、前職を退職する時にスタッフが手作りしてくれたスクラップアルバム。どんなときでも元気をくれる世界に一つだけの宝物です。
by toneriko-mito | 2006-12-19 19:57 | お知らせ
c0098813_14365035.jpg

簡単ですがお店への地図です。
国道50号の大工町交差点から千波湖方面に進み、信号3つめ(偕楽園入口)を右折、道なりに坂を下ると右側にお店があります。常磐線の線路沿いにありますので、一瞬ですが電車からも見えるそうです。お車でお越しの際はお店の前に止めて下さい。
 みなさんのご来店お待ちしております。気を付けてお越し下さい。
c0098813_18405965.jpg

 我が家ではいつもミートソースをたくさん作ります。
そうしてスパゲティ・ラザニア・コロッケと立て続けに食べます。あまれば冷凍してまた後日食べています。『飽きないのか?』と聞かれれば、実際最後の頃はいつも飽きてます。同じ料理でも毎回器を変えたりして完食します。カレーと同じで多めに作る方がおいしいですよね。
 みなさんはついつい多めに作ってしまう料理ってありますか?
c0098813_13552938.jpgc0098813_13532724.jpgc0098813_1354108.jpg
 今回はほうろうのかわいいだけではない長所・使い方などを長々と語ってみたいと思います。
 ほうろうは平たく言えば、鉄にガラスを高温で焼き付けたのも。鉄はかたくて丈夫ですが錆びがでます。いっぽうガラスは美しくさまざまな長所がありますが、壊れやすいのは周知のとおり。そこで、鉄にガラス質の釉を施すことで短所を補い合い長所を生かした、いいとこどりの素材なのです。
長所 * 鉄のもつ丈夫さ+保温性が高い
     ガラスのもつ非吸着性(においがつかない)
     耐摩耗性(すり減らない)
     耐食性(腐食に強い) 
     耐酸性(果物や酢などの酸もへっちゃらです)
     直火やオーブン調理もできる耐熱性
     個人的最大のおすすめポイント!鮮やかな発色や光沢が魅力
上手に使うには * 傷がつくので研磨剤で強くこすらない
          空焚きをしない
          ケトルなどは水中のカルシウムなどが粉状に付着するので、
          日に1度は中を洗う。
 表面がガラスですから衝撃に弱く、落としたりすると欠けてそこから錆びてきます。残念ながら修復はできませんが、欠けた部分をひんぱんに磨いたり、透明マニキュアを塗ることで錆を広がりにくくすることができます。
 よいほうろうの選び方は、同じサイズなら重いほうを選ぶ。重いものほどしっかりしています。
そして、自分の好みのデザインや色などお気に入りを見つける!それが長く大事に使う秘訣だと思います。
 以上、ほうろう豆知識でした。
by toneriko-mito | 2006-12-13 16:45 | 北欧の食器
c0098813_16215259.jpgc0098813_1622846.jpg
こんにちは。
今週はスワンおまるが新入荷しました!とっても状態の良いデットストック品です。
本体はエナメルで作られ、スワンの顔・便座・フタは木製で全て取り外しが可能です。色といい、柄といい完璧なおまるです!
最近のお子さんはあまりおまるを使用しないと聞くので、おむつの収納やベビーグッツ(綿棒・パウダーなど?)の小物収納にいかがでしょうか。
その他、日本の雑貨がすこし入荷しました。ぜひ、遊びに来て下さい。お待ちしてます。
sold
by toneriko-mito | 2006-12-11 16:47 | お知らせ
c0098813_139721.jpg

 もう12月ですが晴れた日のお昼ぐらいは意外と暖かく気持ちがいいですよね。
 今日は大好物の生ハムを買って来たので、ランチにサンドウィッチをつくりました。ちなみに生ハムはKALDIで購入しました。(とってもおいしいのでおすすめです。半額でしたよ・・・)
 今回使用したお皿は、1955年にスティグ・リンドベリがグスタフスベリより発表した『spisa-ribb』です。棒と言う名前のついたお皿で、チョコレートブラウンとブラックのラインが規則正しく並んだ、発売当初から現在に至までとても人気の高いシリーズです。
 お気に入りの食器で晴れた日にはお庭や外でランチをしてみてはいかがですか? 
 下の写真は今回使用した食器です。   

c0098813_1392127.jpgc0098813_13474753.jpgc0098813_1348182.jpgc0098813_13482673.jpgc0098813_13485172.jpg
c0098813_12311819.jpg

おかげさまでお店をオープンしてもうすぐ半年。tonerikoに初めてのクリスマスがやってきます。せっかくなので来週ぐらいからクリスマスのディスプレイをこじんまりしてみようと思っています。
みなさんはどんなクリスマスを過ごされるのでしょうか?
 今回は個人でも収集しているBjorn Wiinblad(ビヨン・ウィンブラッド)を紹介したいと思います。
1918年デンマーク・コペンハーゲン生まれの彼は、TVアニメーションをはじめ、画家・ポスターデザイナー・陶芸家として、多岐にわたって世界を舞台に活躍したアーティストです。
陶器メーカーでは、Nymolle,DENMARK,Rosenthalなどで活躍していました。
数年前、独特の世界観にノックアウトされ少しずつ集めている彼の作品たちです。今回はNymolle社の作品を写真に撮ってみました。 世界観伝わるかしら・・・?
 c0098813_1413421.jpgc0098813_142329.jpg
c0098813_148686.jpg

by toneriko-mito | 2006-12-03 14:52 | 趣味の世界へ