c0098813_14365035.jpg

簡単ですがお店への地図です。
国道50号の大工町交差点から千波湖方面に進み、信号3つめ(偕楽園入口)を右折、道なりに坂を下ると右側にお店があります。常磐線の線路沿いにありますので、一瞬ですが電車からも見えるそうです。お車でお越しの際はお店の前に止めて下さい。
 みなさんのご来店お待ちしております。気を付けてお越し下さい。
# by toneriko-mito | 2006-12-17 12:56 | SHOP & アクセス
c0098813_18405965.jpg

 我が家ではいつもミートソースをたくさん作ります。
そうしてスパゲティ・ラザニア・コロッケと立て続けに食べます。あまれば冷凍してまた後日食べています。『飽きないのか?』と聞かれれば、実際最後の頃はいつも飽きてます。同じ料理でも毎回器を変えたりして完食します。カレーと同じで多めに作る方がおいしいですよね。
 みなさんはついつい多めに作ってしまう料理ってありますか?
c0098813_13552938.jpgc0098813_13532724.jpgc0098813_1354108.jpg
 今回はほうろうのかわいいだけではない長所・使い方などを長々と語ってみたいと思います。
 ほうろうは平たく言えば、鉄にガラスを高温で焼き付けたのも。鉄はかたくて丈夫ですが錆びがでます。いっぽうガラスは美しくさまざまな長所がありますが、壊れやすいのは周知のとおり。そこで、鉄にガラス質の釉を施すことで短所を補い合い長所を生かした、いいとこどりの素材なのです。
長所 * 鉄のもつ丈夫さ+保温性が高い
     ガラスのもつ非吸着性(においがつかない)
     耐摩耗性(すり減らない)
     耐食性(腐食に強い) 
     耐酸性(果物や酢などの酸もへっちゃらです)
     直火やオーブン調理もできる耐熱性
     個人的最大のおすすめポイント!鮮やかな発色や光沢が魅力
上手に使うには * 傷がつくので研磨剤で強くこすらない
          空焚きをしない
          ケトルなどは水中のカルシウムなどが粉状に付着するので、
          日に1度は中を洗う。
 表面がガラスですから衝撃に弱く、落としたりすると欠けてそこから錆びてきます。残念ながら修復はできませんが、欠けた部分をひんぱんに磨いたり、透明マニキュアを塗ることで錆を広がりにくくすることができます。
 よいほうろうの選び方は、同じサイズなら重いほうを選ぶ。重いものほどしっかりしています。
そして、自分の好みのデザインや色などお気に入りを見つける!それが長く大事に使う秘訣だと思います。
 以上、ほうろう豆知識でした。
# by toneriko-mito | 2006-12-13 16:45 | 北欧の食器
c0098813_16215259.jpgc0098813_1622846.jpg
こんにちは。
今週はスワンおまるが新入荷しました!とっても状態の良いデットストック品です。
本体はエナメルで作られ、スワンの顔・便座・フタは木製で全て取り外しが可能です。色といい、柄といい完璧なおまるです!
最近のお子さんはあまりおまるを使用しないと聞くので、おむつの収納やベビーグッツ(綿棒・パウダーなど?)の小物収納にいかがでしょうか。
その他、日本の雑貨がすこし入荷しました。ぜひ、遊びに来て下さい。お待ちしてます。
sold
# by toneriko-mito | 2006-12-11 16:47 | お知らせ
c0098813_139721.jpg

 もう12月ですが晴れた日のお昼ぐらいは意外と暖かく気持ちがいいですよね。
 今日は大好物の生ハムを買って来たので、ランチにサンドウィッチをつくりました。ちなみに生ハムはKALDIで購入しました。(とってもおいしいのでおすすめです。半額でしたよ・・・)
 今回使用したお皿は、1955年にスティグ・リンドベリがグスタフスベリより発表した『spisa-ribb』です。棒と言う名前のついたお皿で、チョコレートブラウンとブラックのラインが規則正しく並んだ、発売当初から現在に至までとても人気の高いシリーズです。
 お気に入りの食器で晴れた日にはお庭や外でランチをしてみてはいかがですか? 
 下の写真は今回使用した食器です。   

c0098813_1392127.jpgc0098813_13474753.jpgc0098813_1348182.jpgc0098813_13482673.jpgc0098813_13485172.jpg
c0098813_12311819.jpg

おかげさまでお店をオープンしてもうすぐ半年。tonerikoに初めてのクリスマスがやってきます。せっかくなので来週ぐらいからクリスマスのディスプレイをこじんまりしてみようと思っています。
みなさんはどんなクリスマスを過ごされるのでしょうか?
 今回は個人でも収集しているBjorn Wiinblad(ビヨン・ウィンブラッド)を紹介したいと思います。
1918年デンマーク・コペンハーゲン生まれの彼は、TVアニメーションをはじめ、画家・ポスターデザイナー・陶芸家として、多岐にわたって世界を舞台に活躍したアーティストです。
陶器メーカーでは、Nymolle,DENMARK,Rosenthalなどで活躍していました。
数年前、独特の世界観にノックアウトされ少しずつ集めている彼の作品たちです。今回はNymolle社の作品を写真に撮ってみました。 世界観伝わるかしら・・・?
 c0098813_1413421.jpgc0098813_142329.jpg
c0098813_148686.jpg

# by toneriko-mito | 2006-12-03 14:52 | 趣味の世界へ
c0098813_2135790.jpgこんにちは!
寒くなってきましたがいかがお過ごしですか?
お待たせしてしておりました新商品がやっと入荷しました〜!
今回はこれからの季節にもっとも重宝するであろう北欧製のホウロウケトルやお鍋などが沢山入荷しました。
11/25(土)よりお店にてご覧いただけます。
ご来店御待ちしております。                                                                                                          c0098813_20563571.jpgc0098813_20561910.jpg  
# by toneriko-mito | 2006-11-23 21:17 | お知らせ
c0098813_1853944.jpgc0098813_18524370.jpg                                                                  

テキスタイルデザイナー vera neumann (ベラ・ニューマン)を紹介します。
 彼女は1903年アメリカのコネチカットで生まれ、N.Y.のCooper Unionでデザインアートを学んだのち、1946年自宅のキッチンを作業場にしてシルクスクリーンによるリネンのランチョンマットを作り始めます。その作品を有名デパートのバイヤーが気に入り、その後の10年間カラフルで斬新なテキスタイルを次々と世に送り出していきました。
 vera は亡くなる1993年まで新しいデザインを作り続けたそうです。いつも彼女のインスピレーションになったものは、ごく身近な植物や生き物でした。とくに花をこよなく愛し、なかでもデイジーは一番のお気に入りだったそうです。トレードマークになっているテントウ虫はGOOD LUCKのシンボルなんですよ。
 アメリカでは再び人気が急上昇しているそうです。
トネリコでもvera のテーブルウェアを中心に紹介していきますのでお楽しみに。
# by toneriko-mito | 2006-11-21 19:32 | あれこれ
c0098813_15521151.jpg今日は偕楽園を久しぶりに散策してきました。徐々に色づきはじめた木々は色鮮やかで、偕楽園から眺める千波湖は紅葉した木々でとても素敵な景色でした。天気がいい日は、暖かい服装でお出かけしてみてはいかがですか?ゆっくりとした時間を過ごせると思います。 
 私は森に入ってドングリをたくさん拾ってきました。森の中はとても静かでふかふかの土は気持ちが良かったです。
# by toneriko-mito | 2006-11-16 16:42 | あれこれ
 c0098813_17211240.jpgARABIA ANNUAL PLATE(アラビアイヤープレート)が入荷しました。
 1976年〜1999年までアラビア社で作られたイヤープレートです。
デザイナーのライヤ・ウォシッキネンによりデザインされ、フィンランドの叙情詩『カレワラ』がモチーフにされています。
 誕生日の贈り物や、記念日などの贈り物にいかがですか? X'MASプレゼントにもおすすめです。
          1977・78・79・80・81・82・84・87年 が入荷しました。
# by toneriko-mito | 2006-11-11 17:27 | お知らせ