今回はFIGGJO社のコルシカシリーズを紹介します。

c0098813_14134255.jpg ノルウェーのメーカー、FIGGJOで60〜80年の間活躍したチュリ・グラムスタッド・オリバーがデザインしたCORSICAシリーズ。
 変形した特徴のある形に果物と人物がほのぼのと描かれています。
 絵柄は全6柄で、果物がグレープフルーツ・アップル・チェリーに分けて描かれています。フルーツと一緒に描かれでいるのは妖精かしら?CORSICAはイタリアの島の名前ですが、絵との繋がりはあるのでしょうか・・・?

  FIGGJO   MADE IN NORWAY
  デザイン/ Turi Gramstad-Oliver 
  シリーズ/ CORSICA

c0098813_14164840.jpgc0098813_1418873.jpgc0098813_14174652.jpg 
 縁取りのオリーブグリーンの落ち着いた色が、チュリさんの可愛らしい
絵をとても良く引き立てています。飾るにもバランスがよく、食器として
もお料理を美味しく見せてくれる優秀なお皿です。 
今回入荷した6枚は、コンディションも良く、贈り物にもおすすめです。
                                                      
# by toneriko-mito | 2007-05-09 16:36 | 北欧の食器
こんにちは。
今年のGWは天気がよくて気持ちがいいですね。楽しんでますか〜?

 今年はお店を3・4日とお休みさせていただいたので、益子・陶器市と笠間・火祭りに出かけて来ました。体力的に全ては見れませんでしたが、お祭りの雰囲気とお目当ての作家さんの作品は拝見することができ楽しい休日でした。張り切って歩き過ぎたせいか今日は筋肉痛です・・・
 もっと体力があれば全て回れるのにな〜。日頃の運動不足が行動範囲を狭めている気がしてなりません。今後のかなり切実な課題です。運動嫌いには、体力を付ける方法はないのでしょうか?

c0098813_16163223.jpg
←新入荷のテーブルです。
アンティーク・SINGERの足踏みミシンをテーブルにしたものです。
天板には、縁に彫りが入った雰囲気のあるイギリスアンティークの天板をセットしました。
(1860年のマホガニー)
鉄脚との相性がとても良く最初からセットされていたようにぴったりです。

c0098813_16571579.jpg







c0098813_19281014.jpg『ごはんを美味しく番外編』

お客様のN様より美味しそうなフレンチトーストのお写真をいただきました。
とても美味しそうですよね。私だけが見ているのはもったいないと思いご紹介させていただきました。
いつも季節のお写真を送ってくださるNさん、いつも癒されております。ありがとうございます。
# by toneriko-mito | 2007-05-05 19:37 | あれこれ
こんにちは。
 新緑が眩しい季節になってきましたね。花が毎日元気に咲く姿を見ていると、
こちらも負けずにがんばろう!と思います。
 今回は、我が家で使用しているお鍋を紹介してみようと思います。
炊飯器の頃は米を炊く事が面倒だったのがお鍋にしてからすごく好きになりました。
その訳は・・・

c0098813_18311169.jpg
 無類の米好きのいる我が家では、何年か前から米をお鍋で炊いています。きっかけは無水鍋を購入した頃、雑誌などで土鍋やお鍋で炊くご飯はおいしいとおすすめされていたから。
初めは無水鍋で炊いていましたが、せっかくの無水鍋が米炊き用になってしまうと不便なので、形が似ていたデンマークのCOPCOのお鍋を仲間入りさせて以来、このお鍋は米炊き専用。
 造りはル・クルーゼなどと似ていて、かなり厚い鋳物にエナメル加工がしてあるもの。

c0098813_1993428.jpg

 お鍋はかなり重いので米を研ぐときはお気に入りの鳥のボウルで。
このボウルはあのカイ・フランクがデザインしたらしい?です。鳥好きの私にはツボでした。
米研ぎに使ってみたらなかなか使いやすく、サイズが大きいので野菜を洗ったり重宝してます。
ボウルが使えるのがうれしくて、米研ぎも気分良くできます!
私には無洗米は必要ありません(笑)。




c0098813_2035069.jpg 炊きあがったらそのままお鍋で保存。冷たくなったらレンジにかけて。
何かでお米は一度冷えると栄養価が増すと聞いてから炊飯器は使わない事にしました。
炊飯器に入れたままにしてしまうとご飯が乾燥してしまうのも嫌だったので、お鍋にしてから良い事ずくめです。電気代もういてるのかな〜?

 肝心の味は、やっぱりお鍋の方が美味しいと思います(最近の炊飯器は美味しいのかもしれませんが・・・)。ずっとお婆ちゃんの作る同じ米を食べているのでそう感じます。 好みの加減に微妙に調節できるのもいいです。おかずによって白米にしたり、十五穀米にしたりするのもご飯の楽しみが方が広がりますよね。
VISA・Master カードがご利用いだだけるようになりました。
# by toneriko-mito | 2007-04-21 19:06 | SHOP & アクセス
こんにちは。
4月はなかなか更新が出来ずにいるうちに20日を過ぎてしまい、少し焦りを感じている今日この頃です。たくさん紹介したい商品があるのに残念。
 
今回は珍しいベビーベッドが新入荷しましたので紹介させていただきます。
c0098813_12321332.jpg
c0098813_12471780.jpg
しっかりとした籐で編まれたMADE IN JAPANのベビーベッドです。
上部のベッド部分と下部の足がセパレートになっており、移動や持ち運びも手軽に出来るようデザインされています。揺りかごのように動かす事もできますし、ストッパーを使用すればしっかりと固定することもできます。
年代を経た事による小さなキズや汚れ、スレ等は多少ありますがとても状態も良く、現役のベビーベッドとして充分お使い頂けると思います。    sold


照明2点が新入荷しました
c0098813_13133453.jpgc0098813_13131331.jpg
オレンジ色のシェードがついた気分を明るくしてくれそうなレトロな照明。
MADE IN JAPAN 松下電工  SOLD
隙間からもれる光を楽しむことが出来るUFOのような形の照明。
MADE IN JAPAN  東芝  SOLD
# by toneriko-mito | 2007-04-21 13:41 | あれこれ
c0098813_17384930.jpg

こんにちは。今回はたわい無い話。
めずらしいのかどうかは分かりませんが、お店の前の土手には白いタンポポが咲いています。タンポポと言えば黄色と思っていましたが白もかわいいですよね。
ご存知ですか?白いタンポポ。
 正式には”シロバナタンポポ”と呼ばれ、関西方面では多く見られるそうです。実はこれが日本タンポポだと思っていたのですが間違いで、日本タンポポと西洋タンポポの違いは色ではなく額などの向きが違うそうです。さらには、タンポポの仲には桃色タンポポなるものもあるらしいです。ピンクのタンポポ衝撃!です。

c0098813_18194964.jpgHAPPYのおすそわけ。

何日か前、お店の前から見えた虹です。
虹が出ていることを教えてくれたお客様ありがとうございました。
 久しぶりに見ましたがやっぱり感動しますね。訳もなく幸せな気分になれます。
 虹の色の数は七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われていますが、地域・民族・時代により差があるようです。イギリスやフランスなどの民間では六色、ドイツでは五色、 スウェーデンでは(赤、黄、青、緑、桃色(ピンク)、藍)だそうです。
この写真ではドイツの5色が限界かな。
幼い時は一生懸命何色か数えましたよね。あなたは何色確認できますか?
# by toneriko-mito | 2007-04-15 19:15 | あれこれ

LCM

c0098813_1518585.jpg久しぶりの更新です。さくらは充分楽しめましたか?
今回は新入荷のイスを紹介します!

LCMは「ラウンジチェアーメタル」の略、言わずと知れたイームズのチェアです。
1945年に製造され、現在ではニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久コレクションに選ばれています。
背や座面の形状がポテトチップのような曲線を描いていることから、コレクターの間では「ポテトチップチェア」とも呼ばれています。

座面後方に向け程よいカーブがついているので無理のないフィット感が心地良いヴィンテージチェアです。今回のLCMは製造されていた期間の中でも初期頃のものかと思われます。

取り扱い中   SOLD

シェルチェア・danish modern chairも入荷しております。
c0098813_15182333.jpgc0098813_1519582.jpgc0098813_15185058.jpg
# by toneriko-mito | 2007-04-09 17:24 | あれこれ
c0098813_1443553.jpg

こんにちは。
やっと2月に仕入れた商品がお店に到着しました!!!
お花見の途中にでもぜひ遊びに来て下さい。

c0098813_14475253.jpgc0098813_14501698.jpg                        今のお店の中はこんな感じです。新しい商品がぞくぞく入荷します!
# by toneriko-mito | 2007-04-01 14:56 | お知らせ
 今回は最近入荷したばかりの、フィンランド三大デザイナーの1人
Kaj Franck(カイ・フランク)の代表作『KILTA』・キルタを紹介します。
c0098813_18523119.jpg

「KILTA」は、フィンランド語でギルド(同業組合)の意。現行のアラビアでも人気の「TEEMA」の原型となったシリーズです。
カイ・フランクは、"食器棚の革命”というスローガンを掲げて、時代背景に伴って変化した生活環境に合わせた製品『KILTA』を発表、すぐに人気商品となり1953年〜75年まで生産されました。しかし、リーズナブルな価格製品であったキルタは、1970年代のオイルショックの影響から1975年には生産中止。その6年後の1981年、さらに改良とサイズなどの変更が加えられリプロダクトとして発売されたのが「TEEMA」です。c0098813_15574873.jpg
 キルタとティーマの決定的違いは、「KILTAが陶器」に対し「TEEMAは磁器製」。その違いからかキルタには、陶器独特のぬくもりと釉薬の深みを感じることができます。

 今回入荷したボウルとピッチャーは、なんとも言えない渋みがある「限りなく黒に近い茶色」。ボウルは、サラダ用にも小丼などにも使える万能サイズ。個人的には、これにはカフェオレがぴったりかな〜と想像してます。ピッチャーの方は、コーヒーをドリップするピッチャーとしてもおすすめです。

bowl ¥8.800 pitcher SOLD
# by toneriko-mito | 2007-03-27 18:58 | 北欧の食器
c0098813_17163417.jpg
こんにちは。

←このカゴに入っているのは、昔のアイスクリームカップです。アメリカでデットストックのものを見つけました。
 

c0098813_1717641.jpg


これなら小物の収納にも使えそう。
このままテーブルに出しておいてもかわいいですよね。

ちょっとしたものをラッピングする時などに使ってもかわいいのではないでしょうか。
(手作りお菓子とか?)



c0098813_17184358.jpg
これは紙コップ。ウォーターサーバーに付属されていたものだと思われます。
その場で飲んですぐゴミ箱行きなんてもったいない!
こんなに可愛いのに・・・。
違う使用方法ないですかね。
# by toneriko-mito | 2007-03-21 19:52 | あれこれ